種類がありすぎて悩む脱毛法!あなたはどの脱毛方法にする?

LINEで送る
Pocket

近年、脱毛サロンや脱毛クリニックなどが急激に増加しています。

これも脱毛ブームが成せる業と言えるでしょう。

ですが、多くなるとサロンやクリニック選びも大変ですが、同時に脱毛の種類も多くなり、どの脱毛法にしようかと頭を抱えていませんか?

そこで今回は、脱毛方法の種類や、脱毛法のメリット・デメリットについてお伝えしようと思います。

脱毛の種類は大きく分けて3種類!

脱毛方法といっても、脱毛クリニックや脱毛サロンによって脱毛の方法は違います。

その中でも大きく分けると3種類の脱毛方法に分けられます。

「ニードル脱毛」「レーザー脱毛」「光脱毛(フラッシュ)」です。

それでは、この3種類の脱毛方法について説明していきたいと思います。

ニードル脱毛(美容電気脱毛/電子針脱毛)について

永久脱毛と言えば、ニードル脱毛の事です。

ニードル脱毛とは、毛穴1つ1つに絶縁針を入れて電気を流し、毛を生やす毛根を破壊する脱毛方法です。

針脱毛の歴史は古く、アメリカで逆さまつげを電流で除去したの始まりで、すでに140年以上の歴史がある脱毛方法です。

医療レーザー脱毛について

医療レーザー脱毛とは、皮膚や毛髪に含まれるメラニン色素に対してレーザーを照射し、毛根細胞を破壊することで脱毛効果を得る方法です。

脱毛サロンで行う光脱毛(フラッシュ)よりも強力なパワーで照射します。

光脱毛について

フラッシュ脱毛とは、IPL(インテンス・パルス・ライト)という光を毛根の黒い色に照射することで、ダメージを与えて脱毛効果を得る方法です。

もともとフォトフェイシャルの施術で使用されていました。

あなたはどの脱毛法?脱毛方法のメリット・デメリットとは?

脱毛方法の種類についてお伝えしましたが、当然どの脱毛法にもメリット・デメリットがあります。

それでは、それぞれの脱毛法のメリット・デメリットを紹介していきます。

「ニードル脱毛」のメリット・デメリットとは?

メリット:「永久脱毛」「日焼けもOK」

ニードル脱毛は唯一の永久脱毛で、どんな毛も1本1本確実に脱毛できます。

また、医療レーザー脱毛や光脱毛では日焼けで黒くなっていると脱毛が受けられない場合もありますが、ニードル脱毛は日焼けして黒くなっている場合でも施術が受けられるという点もメリットです。

デメリット:「とにかく痛い」「値段が高い」「時間が掛かる」

施術中の痛みが凄いため途中で辞めてしまう人がいるほどの痛みです。

また、値段が高いというのもデメリットです。

例えば、脇脱毛の場合、光脱毛(フラッシュ)は100円で出来るサロンもあるほど費用が掛かりませんが、ニードル脱毛の場合10~20万円位の費用が掛かってしまいます。

そして、毛穴1つ1つの脱毛方法のため時間が掛かります。

「医療レーザー脱毛」のメリット・デメリットとは?

メリット:「脱毛効果」「脱毛回数」「施術時間が短い」

サロン脱毛の光脱毛(フラッシュ)と違い医療レーザーは照射の出力が高いため施術時間も短く、少ない回数で終了することが出来ます。

また、高い脱毛効果を得られます。

デメリット:「値段が高い」「火傷の危険性」「施術中の痛み」

医療レーザー脱毛は、基本的に保険適用外のため脱毛サロンに比べると料金は高くなります。

また、出力が高いため、シミやホクロなどに照射して火傷してしまう可能性もあるというデメリットも。

施術中の痛みもサロン脱毛に比べて痛いようです。

「光脱毛(フラッシュ)」のメリット・デメリットとは?

メリット:「値段が安い」「痛みが少ない」

光脱毛は、脱毛法の中で最も痛みが少ないことや値段の安さがメリットです。

例えば、全身脱毛の場合の料金で比べると、光脱毛(フラッシュ)は約25万円に対して、医療レーザーは約35万、ニードル脱毛は約100万円超と中でも値段が一番安いと言えます。

デメリット:「施術期間が長い」「脱毛効果」

医療レーザーに比べて出力が低いため、施術に時間が掛かることや脱毛効果も低いことがデメリットと言えます。

3つの脱毛方法を紹介しましたが、毛根を破壊する永久脱毛は医療行為となります。

厚生労働省が1984年に「永久脱毛を医師以外が行った場合は医師法違反」としています。

2001年には、「医療用であるかどうかに関わらず、強い光をあてて毛乳頭などを破壊する機器を医師以外が使用することは医師法違反にあたる」とされています。

これにより、サロンが永久脱毛できますという広告も出してはいけません。

その為、ニードル脱毛や医療レーザー脱毛は医療行為になるため、脱毛サロンやエステティックサロンでは行えない事を念頭に置いて自分に合った脱毛方法を選びましょう!

まとめ

今回は、クリニック脱毛・サロン脱毛の種類や、メリット・デメリットについてお伝えしました。

あなたにあった脱毛方法は見つかりましたか?

どの脱毛方法にもメリット・デメリットがあります。

自分に合った脱毛方法を見つけて、今度こそ脱ムダ毛でツルスベ肌を手に入れましょう!!

LINEで送る
Pocket

コメント